プロフィール

美夜子

Author:美夜子
美夜子と申します


趣味で、コスプレ衣装制作&撮影を行っております。
ロリ趣味が高じてサークルも始めました。


衣装制作、イベントレポ
日常についての記事が多めのブログです。
作り方など質問ありましたらお気軽にどうぞ。
リンクにメールフォーム作りました。

最近はツイッターのほうが
更新してます
ID:miyoruko


◆ミシン
JUKIのSPUR25SP(職業ミシン)
これから買う、ハードに使う人にオススメ!
一般的に出回ってる機種です。

2本針4本糸 ロックミシン
衣縫人ベビーロック


◆カメラ
キスデジ

◆レンズ
EF24-70mm F2.8L USM


きゅあ






うたの☆プリンスさまっ♪Debut 聖川真斗(CV.鈴村健一)

うたの☆プリンスさまっ♪Debut 神宮寺レン(CV.諏訪部順一)



月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 】   トラックバック(*) | コメント(*) | Page top▲ 管理者用記事編集

俺のファーストネームを口にすんじゃねエよ・・・っ

何から叫べばいいのかわかりませんが!

本誌にてついにラビと神田が初対面!

よっ大将って!

気をつけろユウって!!!!

メチャクチャ硬いアクマも一刀両断!!

先週から男らし過ぎて
つえーしカッコいいから!!!!!!!!!!!!

ずっと修行してたんでしょ??!!!!!!

嗚呼、日本と貴方はこんなにも合うのね!!!!!!!!
そして核爆投下!!!!!!!
おかげさまで読者は可愛そうな被爆者っすよ!!!!!
みんな愛のせいね!!!!!!!


古い歌でしめくくりつつ。
ただいまであります。インドから帰ってきました。
本日30日の朝、飛行機が遅れて到着し、そのまま会社行ってました。
成田エクスプレスで顔洗って歯磨いて着替えてた。
旅行中、忘れなきゃって思いつつジャンプとヤンマガが非常に
気になってまして、帰国後すぐに仕事は辛かった。気になって。
六時半にジャンプ買って帰宅。ヤンマガはホリックが休みだった。
百四(って呼ばれてるのかな?知らないけど)は来週までおあずけだワン。ワンワン。
ジャンプはこの有様。
出国直前にホスト部を見て後ろ髪ひかれる思いでしたが、
一週間離れてるだけで離れ小島だよこの国わ。

こりんさんもおひさしぶりんこ。
ぞうさんね、パオーン。ぞうさんは居るみたいだけど会わなかった。
らくださんは道路歩いてたよ。デカイね!!らくだ!!
あと、狂犬が山ほど。噛まれると病気になりますが、昼間は奴らも大人しい。
夜、月が出ると豹変し、いきなり吠え立ててくるからめさくさ怖い。
いや、私がこの旅行でいっちばん怖かったのは猿!
インドは基本的に道にどーぶつがうようよ歩いてて誰も気にしていないので、
猿が居ても気にしてないんだけど、
駅の階段にいっぱい!!居て、すっごい怖かったんだけど、
インド人の青年の後ろについていったら、彼らは襲わずに私だけに
とびついてきてギャー!してたらお兄さんが助けてくれたよう。
うわあああん。

インドはとにかく、貧富の差がものすごおおおおおおおおおおおおおおくある国なので
上流階級の人はイギリスの上流とも対等な方々だし、
そうでなくとも育ちの良い人は顔を見ただけでも全然違う。
かといえば、貧しい人も多いし、貧富が混然としてて
なにがなんだかわからなくなる。
で、物価が日本と比べると凄く低い。感覚としては10倍くらい違うんだと思う。
だから、インドで日本並みのお金を出せば10倍の贅沢が出来るのも事実なので
それはそれで超セレブ旅行にもなります。
今回は私はバックパックの貧しい旅行だと思ってたら、
兄貴が予定してたのがセレブ旅行だったので、優雅に快適に過ごしました。
奴は最近稼いでるらしい。
そのわりに使い道が無いらしい。
ほんっと旅慣れてない兄貴でこっちが苦労もさせられましたが、
資金免除の事があるので大きな事も言えまい。
行きの飛行機で「最近さー桜蘭高校ホスト部っていうのにハマっててさー」と
私が言うと「一話から見てるよー」とかいってホスト部に詳しい兄貴なのだった。
兄妹なんだなあ・・・普段全然連絡とらないけど・・・。
私が双子愛を叫ぶと兄は「えー環がやっぱり一番だよー」とかいって
乙女ぶりを発揮。バカだ。

インドの文字がユウたん(ファーストネームを口にすんじゃねエよ)の
胸の紋章を彷彿させるのでもへにもへるーー!!

洋服道楽っぽくインドで3着服を買いました。
もっと買ってもよかったけど重いんで・・・。
サリーは一つ。サリーは基本5メーターくらいの生地なんだけど、
同じ生地でしあげる短い丈のトップスブラウスと合わせて着るもの。
そのブラウスは身体にぴったりと作るので、既製品よりかは
オーダーの方が良いとのことなので作ってもらいました。
いや、自分で作れますけど、やっぱり現地の職人のほうがいいし。
あとの二つはパンジャービードレスといって、ワンピースとパンツの
組み合わせでスカーフをあしらうもの。
これが動きやすくて地元の人にも人気。
元々はサリーを着る資格の無い、少女が着るものらしいけども
おばさまも着てる。
これも3ピースセットの生地を購入してオーダーで仕上げてもらうのが
主流。この二つも縫ってもらいました。
急いでる時には3時間くらいで縫ってしまうのが凄い。
テーラーはだいたいがおじいちゃん。インドは仕事場も外だから
外に置いてあるミシンでガタガタと縫ってましたよ。
インド人の女性はとにっかく衣装大好き。
お化粧とかあまりしないしね。アクセサリと婦人衣装用生地屋が
ものすごおおおおおく多かったです。

民族衣装っていうイメージがあるけど、インドの人はほとんどがサリー、
次にパンジャービーって感じで、洋服着てる女性はまだまだ少ない。
パンツスタイルはたまに見るけど、膝丈のスカートをはいてると
それだけで奇異の目で見られるそう。


ここからは腐った話なんですが(ヲイ)
インドの男性達は手をつないで歩くのが珍しく無く
大抵は深い意味などは無いってガイドブックにも書いてあったので
心の準備を整えてインドに行きました。
ところがーーーーーーーー

その手のつなぎ方があまりにも甘い!!!!
のしかかるようにして恋人つなぎしてたり、指先だけ絡めたり。
自転車の2人乗りではこぎ手の前に座って(こんな2人乗り初めて見た)
2人でハンドル握ってたり狭いオートリクシャー
(タクシー代わりの乗り物でピザの配達の横に広がったような乗り物)
に2人乗って肩を組むわ、自転車を横並びでこぎながら手エつないでるわ。
どんだけ仲がいいの????!!!!!!!!
という国民性でした。逆に男女があまりベタベタするのは好ましく
思われていないようですね。
若者は自由恋愛を夢みてても大抵は親が決めた結婚だそうで。
だからって!!!だからって!!!!!



>こりん
そういえばさー、イタリアの帰りにイタリア人ホ○っぷると
ロシア経由の飛行機が一緒になって、彼らインドのガイドブック読んでたんだよね。
片方の彼が可愛い割に野太かった彼ら。
自由に手つなげるよねー。


強い日差しの中毎日歩いてましたが、インドは今雨季でそおおんなには
暑くはなく、建物の中は冷房でむしろ寒いくらい。
かといって雨も降らず、オフシーズの割に快適でしたよ。
ちょっと暑いかなってくらいで。
日焼けはしませんでした。
ALLIEの青い方の日焼け止めはマジで焼けないのでホントオススメ。


ドレスの写真などは後日。

とりあえず今日は
神田ユウを叫びたかった
スポンサーサイト

トラックバックURL: http://ayayamiyako.blog39.fc2.com/tb.php/215-492628fb

*trackback*

*comment*

*please comment*

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。