プロフィール

美夜子

Author:美夜子
美夜子と申します


趣味で、コスプレ衣装制作&撮影を行っております。
ロリ趣味が高じてサークルも始めました。


衣装制作、イベントレポ
日常についての記事が多めのブログです。
作り方など質問ありましたらお気軽にどうぞ。
リンクにメールフォーム作りました。

最近はツイッターのほうが
更新してます
ID:miyoruko


◆ミシン
JUKIのSPUR25SP(職業ミシン)
これから買う、ハードに使う人にオススメ!
一般的に出回ってる機種です。

2本針4本糸 ロックミシン
衣縫人ベビーロック


◆カメラ
キスデジ

◆レンズ
EF24-70mm F2.8L USM


きゅあ






うたの☆プリンスさまっ♪Debut 聖川真斗(CV.鈴村健一)

うたの☆プリンスさまっ♪Debut 神宮寺レン(CV.諏訪部順一)



月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 】   トラックバック(*) | コメント(*) | Page top▲ 管理者用記事編集

BL読書感想~榎田尤利②~

榎田尤利先生とにかくおすすめ!
間違いがない本読みたいなら榎田尤利先生

いまさらではありますが藤井沢商店会シリーズ読みました。
先生著作ありすぎて。。


藤井沢商店会シリーズ

ゆっくり走ろう(2004年) 自動車ディーラー×自動車メーカー社員
榎田 尤利 (著), やまかみ 梨由 (イラスト)

ゆっくり走ろう (キャラ文庫)ゆっくり走ろう (キャラ文庫)
(2004/08/27)
榎田 尤利

商品詳細を見る

総合:★★★★☆
タイトル★★★☆☆
キャラ★★★★☆
ストーリー★★★★☆
挿絵★★★☆☆

シリーズ第一作目になったというだけあり良かった。
なにか特別な展開があるわけではない、藤井沢商店街という下町気質な町に根付いたストーリー
ということで、だからこそ、人々の暮らしが息づく様が感じられるほど描かれていて素晴らしかった。
読者も藤井沢というアットホームな場所を楽しめることができるシリーズ。

ハツダ社の敏腕ディーラー立浪と、研修兼視察に来た本社の若手テリート候補の里見。
成績の悪い藤井沢だが、立浪の営業の腕前は確かなものだった。
地元商店街の信頼を集めるアイドル的な存在の立浪から人々は車を買おうとするのだ。
表情が固いことから、人になじみにくい里見は、売上の低い藤井沢営業所にて結果を出すため
従業員の勤務態度を注意し、営業方針を変えるべく提案をするが、藤井沢従業員の結束が固く
努力は空回りするばかり。
嫌われてることには慣れている、とストイックに仕事を続ける里見。
売上を伸ばす方法を里見は顧客分析をし続け、なんとか営業所を説得しようとするのだが。
そんな里見を立浪はフォローし続け、エンジニアの後輩と共に飲み会に誘い
酔っぱらった里見は、普段見せないような痴態をさらし
どんなに真剣にハツダ社と車を愛しているかを吐露することで営業所との距離もぐっと縮まる…。

立浪は良い男だの。
仕事に対する態度が真摯で、常に人に親しまれるようにふるまってるし
その実、冷静にまわりを観察してもいる。
押し付けがましくはないが、本気で車が好きだから人々が共感してしまう。
仕事が趣味の仕事人間そのもの。
プライベートは空っぽな立浪だが、里見のことは最初から狙っていた模様。
そつなくものにしますよね。さすが立浪。里見も隙だらけやし。

歯科医の憂鬱(2005年) 板金工×歯科医
榎田 尤利 (著), 高久 尚子 (イラスト)

歯科医の憂鬱 (キャラ文庫)歯科医の憂鬱 (キャラ文庫)
(2005/08/28)
榎田 尤利

商品詳細を見る

総合:★★★★☆
タイトル★★★★☆
キャラ★★★★★
ストーリー★★★★☆
挿絵★★★★★

シリーズで一番好き!
仕事熱心でお客様の歯を思うあまり白衣を着た途端鬼歯科医になる三和先生と
腕は確かな若き跡継ぎ板金工の新城穂高。
穂高も仕事一筋でケンカ強くてちょーかっこいいし、三和先生も白衣を脱ぐとほわほわっとしてる
ギャップがたまらん美人でナイスかぽー!!

だが、白衣を着ていない三和は人に迷惑をかけられても一向に怒ろうとせずニコニコと流してしまう
そんな三和を見るたびに代わりに怒ってしまう穂高
三和が怒れないは過去の事情からくる処世術だったのだが。

お互い、職人気質なザ・仕事バカな二人がくっついたことで、バランス良い二人ですのう。
高久尚子の絵も可愛いし、すごいしゅてき。
お気に入りだー。穂高だいてー!

車にはフルアルミボディっていうのがあって、比較的高級車で、どこでもなおせるわけではないと
初めて知りました。穂高に直してもらえるならわざとぶつけるわー。

ギャルソンの躾け方(2006年) カフェオーナー×喫茶店主 
榎田 尤利 (著), 宮本 佳野 (イラスト)

ギャルソンの躾け方 (キャラ文庫)ギャルソンの躾け方 (キャラ文庫)
(2006/08/26)
榎田 尤利

商品詳細を見る

総合:★★★☆☆
タイトル★★★☆☆
キャラ★★★★☆
ストーリー★★★☆☆
挿絵★★★☆☆

御曹司で、大企業を脱サラした篠宮は藤井沢商店街の駅前に
潤沢な資金を使って長年の夢であったおしゃれなカフェをオープンさせる
料理も一流のシェフをやとい、ランチのクオリティも高い
だが、唯一の欠点はコーヒーの味だ。
ネルドリップにこだわるあまり、ネルドリップの得意な人材がなかなかみつからない。
そんなおり、ネルドリップの天才で勝ち気な小さな珈琲店店主水樹と出会う。

水樹は好みな美形~水樹すてきだ~金髪のほうがすきだなあ~なぜ黒く染めたし篠宮
こんな、潰れかけの店と借金かかえて、家庭事情が複雑で
いかようにでもしてくださいな美青年がそうそういる世界にいきたい・・・

水樹がお父さんとの擦れ違いから仲直りして、家庭の問題が解決し立ち直っていくのが
メインなストーリーなので、S紳士な篠宮のプレイ的な表現は少な目かも。
個人的には篠宮にはあまり興味モテなかったナア。
しつけまえの水樹のほうが可愛かったよ!


アパルトマンの王子(2007年) 王子×不動産業 
榎田 尤利 (著), 緋色 れーいち (イラスト)

アパルトマンの王子 (キャラ文庫)アパルトマンの王子 (キャラ文庫)
(2007/11/27)
榎田 尤利

商品詳細を見る

総合:★★★☆☆
タイトル★★★☆☆
キャラ★★★☆☆
ストーリー★★★☆☆
挿絵★★★★☆
amazon
「家賃の予算3万円で庶民の暮らしを学びたい」不動産屋の優一の元に現れた、セレブな御曹司・世羅。金髪にゴージャスなタキシードで異彩を放つ世羅を、優一はなりゆきで世話するハメに!!紳士で優しい世羅との毎日は心地いいけれど、修業が終わればこの街から出ていってしまう…。そんなある夜、世羅が「君が好きだ」と告白してきた!!想いを止められない優一は、一晩限りと身を任せて―。

優一は、亡くした親のかわりに兄弟の面倒をみる大家族の大黒柱
親から受けついだ不動産は業績がよくないが、家族のために一生懸命経営している。
そんなおり、まるで王子様のような金髪外人な外見の世羅が訪れる・・・
というお話なんだが、優一の長男としての気苦労が丁寧に描かれた一冊。

いわゆる平凡受け。
必ずしも見返りがあるわけではないが、目の前の困ったひとを放っておけない性格、
不動産としてやらなくてもいい仕事をついついしてしまうが、お金になるわけではなく
ありがたがられることもない
幼い兄弟の面倒も見なければならない、世間知らずな世羅は見た目は美しいが手がかかる。
親の残してくれた仕事だからなんとかして続けたい、しかしライバル店は賃貸だけでなく
販売も扱っている為、賃貸しかしてない優一の店はどうしても不利だ。
長男の責任ゆえ、自分だけが我慢すればいいと思ってしまう。

そんな苦労性の優一を見て、なぜやらなくてもいい仕事をするのかと
疑問に思う世羅だったが、そんな彼の行動を美徳と感じ、感化されていく。

しかしそんな優一のこと、みんなはみているし、
気持ちは伝わる、一人で抱え込まなくてもいいんだよという
ハッピーエンドで終わりましたね。

ハートフルで悪くはないが、カプ的にはいまいち萌えなかったかな。


理髪師の、些か変わったお気に入り(2005年) 理髪師×美容師
榎田 尤利 (著), 二宮 悦巳 (イラスト)

理髪師の些か変わったお気に入り (キャラ文庫)理髪師の些か変わったお気に入り (キャラ文庫)
(2008/06/25)
榎田 尤利

商品詳細を見る

総合:★★★★☆
タイトル★★★★☆
キャラ★★★★☆
ストーリー★★★☆☆
挿絵★★★★★

都心での修業を終え、しぶしぶ実家を継ぐため帰郷した美容師の晴輝。そこで再会したのは、ずっと疎遠だった幼なじみで親友の圭治。海洋学を学ぶため街を出た圭治は、家業を継いでなぜか理髪師になっていた!!「お前はこの街にいればいい」幼い頃のまま世話を焼いてくる圭治だけど、晴輝はその真意が掴めずに!?近すぎて、その視線の熱さに気づけずにいた…藤井沢商店街シリーズ完結。

家が美容院の晴輝は都会のイケてる美容師に憧れてはいるが、一部の有名美容師になれる
素質もない自分に諦めもあり、実家のある藤井沢で仕事するにも不満を感じている。
そんな自分のことを漠然と悩んでいたところ、お笹馴染みの圭治に「自分が中途半端なのでは」
と図星を指摘されてしまう。
そんな自分の将来について思い悩んでる晴輝とは裏腹に、圭治は小さいころから抱えている
晴輝への想いに苦しんでいた。
一度は距離を置いて忘れようと藤井沢を離れて大学にすすむが、晴輝欠乏症がひどくなるだけで
何度か青山の美容院までこっそり見に行くぐらいの重傷。
だったら藤井沢に帰ってきた晴輝のために実家の理容室を継ぎ、すぐそばの
居心地の良い距離を保ちたい一心で隠そうと必死になるが、、、

圭治の不器用すぎる必死すぎる片思いが見ものな一冊。
かなりお気に入りですwww
このまま恋がかなわなかった二年くらいで死んだとおもう。
二宮悦巳さんの絵もすっごく可愛い><

しかもシリーズ最終巻ということで、オールキャラ登場~♪
普段よごれたつなぎしか着てない新城さんが!細見スーツをしぶしぶ着させられるのだが
そんなのかっこいいにきまってる!
三和さんとこそこそ抜け出してたけど盛り上がってるにきまってるよね。

BL読書感想~榎田尤利①~

最近いろいろ本読んでます
超良い本たくさんあるので感想をそろそろ。
ほんと一日一冊BL読書しているので
他にもたくさんあるですがとりあえず良かったものピックアップ

全部榎田尤利先生!
榎田先生神すぎる!!!!!!!



優しいSの育て方 (SHYノベルス275)優しいSの育て方 (SHYノベルス275)
(2011/11/29)
榎田 尤利

商品詳細を見る

優しいSの育て方(SHYノベルス275)
榎田 尤利 (著), 草間 さかえ (イラスト)
総合:★★★★★
タイトル★★★★☆
キャラ★★★★★
ストーリー★★★★★
挿絵★★★★☆
amazonより
立派な身体に繊細な心を持つ大学生・栄田惣は、生まれて初めての恋に落ちた。
ひと目惚れの相手は通称「殿下」。
整った容貌、穏やかな雰囲気から人気の文学部准教授・宮隆由紀だ。
声を聞くだけで、姿を見るだけで栄田の心も頭も宮でいっぱいになってしまう。
けれど、宮にはある秘密があって・・・
心優しい栄田と、一筋縄ではいかない宮のちょっと変わったピュアラブ誕生!!

ここ最近では断トツのお気に入り作品!とにかくおすすめ!
ほんとSM好きっすね。榎田先生。

SMという少々ゲスな題材を扱っているので
年上大学準教授のMが教え子をSに育てる
萌えストーリーというところに目が行きがちだが、
不健全の裏にある健全、不健全があるからひきたつ健全という作中の言葉通り
栄田の優しさに癒され、傷ついた過去から立ち直る宮という
恋愛の根源的な要素を丁寧に描いているのが何より好印象な一冊でした。
初めて目にしたSMの世界、どうしても表面上の刺激的な部分だけを見ても
臆することなく自分の想いを貫いた栄田は本当に強い。
不健全な障害が大きいからこそひきたつ健全というか。

BLは一冊に必ずストーリーの下に
こんこんと世界観が流れていて、それは作者の筆によって
いかようにも左右できるもの。
その本の持つ世界の前提、をふまえつつ、キャラクター同志の感情が
どう展開されていくのか、というベースの部分が超重要だったりする。
それがこの本はとびぬけて良かった。
そこを抜かして、ただのSMを語りたい感想などをみると
「ハァ?ちゃんと読みましたァ?」と言いたくなる・・・。
本格的なSMプレイ表現は割愛されているが、SMの世界の礼儀的なものを
うまく表現できていて、作者のこだわりは感じられた。

宮のSMのパートナーである教授助手の王がこれまた良いキャラ。いちいち名言。

優しすぎるほどに優しい栄田なので、もちろん人が痛めつけられているのを
見るのも無理。痛めつけられることに至上の喜びを感じる宮准教授とのSM的な相性はどうみても良いと言えるものではない。
それでも諦められず猛アピールをしてくる栄田に対し、
汚れきった大人である宮は尻込みし、遠ざけようとしてしまう。

そこで、背中を一押しした王のセリフが素晴らしかった。
「人間なんてエロいことをしている時間よりそのほかの時間のほうがはるかに長いんですよ。もっと本質の相性について考えるべきです」
栄田はともかく宮の年齢ならなおさらそれは真実。
宮を友人として思っている気持ちも伝わってくるし
宮が過去によくない恋ばかりしていて気付けなかったものがそこにはあったのかなあと。

栄田はピュアな好青年であるだけでなく、宮の教える社会学にも興味を持ち
勉強熱心で、レポートの書き方も宮の好むもの、美術の趣味も似ていて
人間の本質的な相性が良いことを宮も気付けずにいたのだった。

全体的にBLにしてはものすごくよくできていて、
神社でデートする場面がとびきり印象的だった。
どうせ40男ですよと自嘲するように言った宮に対し
「あと50年しか一緒にいられない」
まだ付き合ってもないのに気の長い栄田少年の言葉に
宮も思わず絶句してしまう。

最後は宮のトラウマの原因がでてきたりなんだりといろいろあるのだが
本当にそこらの大きな賞を受賞している作品よりよほど内容も文章力も
遜色ない一冊だった。とにかく素晴らしい。

栄田の血のつながらない妹も良いキャラだった。
にーちゃんが切れると怖いというのが伏線にもなっていたし

SMものはちょっと、と思ってしまうひとでも
どちらかというと、宮と王が言っていたとおり
SMは彼らにとって、人に迷惑をかけないし法律にもふれていないけど
変態であることには間違いがない人には言えない趣味で
それを理解して受け止めてくれるおおらかな優しい栄田君が出会い
お互い歩み寄っていくお話という感じで、二人にはSM抜きの関係も存在する感じ。
その描き方が上手いなあって。
しみじみする。
読了後に何十回も好きなシーンを読み返しました。
榎田先生のSMへの本気をひたすら感じた一冊でした。
しかし、殿下のあだ名設定はどこへ・・・。




PET LOVERSシリーズ



犬ほど素敵な商売はない (SHYノベルス164)犬ほど素敵な商売はない (SHYノベルス164)
(2006/06/26)
榎田 尤利

商品詳細を見る

犬ほど素敵な商売はない
榎田 尤利
総合:★★★★☆
タイトル★★★★☆
キャラ★★★☆☆
ストーリー★★★★☆
挿絵★★★★★

PET LOVERSシリーズ記念すべき第一作品
謎多き組織PET LOVERSにてペット派遣される倖生
派遣された先はこれまた謎だらけな男・轡田だった。
本気で犬として厳しく躾をしようとする轡田に最初は抵抗を感じるが
同時にこまやかに世話をしてくれる生活は
愛情に飢え根っからのかまわれたがりの倖生の求めていたものだった。
疑似ペット関係に次第に二人は深みにはまっていき・・・。

榎田尤利先生お決まりの、近しい人間からの裏切り、孤独な生い立ちを持つ
二人が出会い、最初は疑心暗鬼になり逃げようとするが
人間として一回り成長し、障害を乗り越えるという黄金パターン。
だが、最初の轡田と倖生の関係が異様すぎて、謎が多すぎて
とにかく冒頭からぐいぐい引き込まれるストーリーでした。
ここまで真に迫った犬と主人関係を描ける先生が本当すごい。
ほんっとSM好きだなあー。まあ今回はSMではないけれど
主人とペットって関係がそこはかとなくそれっぽいです。

超個人的には轡田はそこまではまらなかったのと
受けの倖生も先生の作品のわりには~だったのでキャラ点は低め
でももちろんそこらの本よりよっぽど面白いです!
これはいいなあとおもったのが志水ゆき先生の挿絵!
素晴らしい!
榎田尤利先生って文章がかけるだけに、この内容にこの絵はうーん・・・と
思うことが多いのだが、志水ゆき先生はさすがである!!
ちょっとビジュアルの魅力に頼った主人公たちだったので
志水ゆき先生絵を見てキャラが好きになれるかんじ。
話との相性が良いです。素晴らしい本に素晴らしい絵。らぶ。




獅子は獲物に手懐けられる (SHYノベルズ 210)獅子は獲物に手懐けられる (SHYノベルズ 210)
(2008/08/28)
榎田 尤利

商品詳細を見る

獅子は獲物に手懐けられる
総合:★★★☆☆
タイトル★★★☆☆
キャラ★★★☆☆
ストーリー★★★☆☆
挿絵★★★★★
う~ん
嫌いとまでは思わないし全然読めるけどPETシリーズでは一番最下位かも。
まあ榎田尤利先生だし、挿絵も最高なので、あくまで他と比べれば、です。

なぜ主人公がここまで不幸になる必要があったw笑っちゃうぐらい酷いのだw
長年にわたり義兄から虐待を受けている内科医師・千昭は
義兄からのいじめの一環で、PETLOVERSから派遣されたライオンのシンと
出会うことになるのだが、
シンでなくても同情したくなるくらいひどい有様w
義兄こんなにひどい人間である必要あった?っていうw
本人いわく殺人に近いこともしたとかいってるし、真相はわからないけど。
PETLOVERS監査基準甘すぎるだろw

ライオンのシンがふるふる震える千昭に惚れちゃうお話。
千昭は虐待にあいながらも家族思いでただのいじめられっこではなかったので
この二人はまあいいんだが
義兄とにかく酷すぎwww

ライオンはスタミナもあるし護身にもなるとのこと。またPET LOVERSの新たな需要が
明らかになりました。でもまだなぞ多き組織PET LOVERS。




秘書とシュレディンガーの猫 (SHYノベルス)秘書とシュレディンガーの猫 (SHYノベルス)
(2008/12/22)
榎田 尤利

商品詳細を見る

秘書とシュレディンガーの猫
総合:★★★★★
タイトル★★★★★
キャラ★★★★☆
ストーリー★★★★★
挿絵★★★★★

こんな作品に出会いたくてBLの世界をさまよっている・・・
ありがとう榎田尤利先生
PET LOVERSシリーズで一番好きです。

出版社より
"シュレディンガーを正しく指摘したひとりに全財産を相続させる──
亡き祖父の遺言を聞くため古い屋敷を訪ねた舘を待っていたのは、風変わりな猫探しの遺言と初めて合う従兄弟、それに祖父の美しい個人秘書、雨宮だった。金と権力を信じる舘は、遺言の内容にうんざりしながらも屋敷に滞在することを決める。一方、雨宮は初めて会ったときから、舘のことが嫌いだった。それなのに、舘の挑発に乗ってしまい……!? 甘くてほろ苦い大人の恋!!


"

屋敷の中にいる6匹の猫の中からシュレディンガーを探し当てた人に
9億相当もの不動産財産を相続させるという遺言のため
三人の孫が猫さがしを始めるというドラマティックな設定。

三人とも訳ありな人物で、それぞれ相続財産がほしい理由がある。
だが広く古い屋敷の中、なかなか猫が姿を現さないため想像よりも難航していくのだが。

メイドちゃんもいう通り、孤独な主人を失った古めかしい屋敷に美貌の未亡人?秘書
と科学者の名前を付けられた6匹の猫だけが住んでいる
これ以上ないシチュエーション
これだけで胸が躍るというもの。

血のつながらない孫3人は、古い屋敷だの猫は嫌いだの
金目当てでなければこんなところに来ないだの
非常に感じ悪いのだが。猫探しのため祖父の日記を読み進むうちに
三人の心情に変化が訪れる。

祖父の遺言にこめた真意とは。
謎の弁護士仁摩の正体は
シュレディンガーの猫は
雨宮は

謎はおまけみたいなもので謎解き自体を楽しむわけではなく
登場人物一人一人の心情の変化を楽しめたのがいい。
人の裏切りに疲れ、誰一人信じず孤独に死んだ祖父だったが
本当は彼もそんな人生を悔いていた。
信じていても信じていなくても裏切られるときはある、それなら信じたほうがいい。
祖父の言葉に生き方に触れ、それぞれが変化していく。
そんなラストが素敵でしたね。

舘と雨宮の両視点から語られるストーリー
徐々に明らかになる祖父の日記
構成も素晴らしかった。
そして雨宮はPETシリーズで断トツ好みだ。
絵は相変わらず素晴らしい。




蛇とワルツ (SHYノベルズ 236)蛇とワルツ (SHYノベルズ 236)
(2009/09/26)
榎田 尤利

商品詳細を見る

蛇とワルツ
総合:★★★★☆
タイトル★★★☆☆
キャラ★★★☆☆
ストーリー★★★☆☆
挿絵★★★★★
PET LOVERSシリーズラストは仁摩のお話。

う~ん。。
わるかないが、そこまではまりもしなかったかな。
ペットシリーズは
猫→犬→蛇→ライオン
が好き順です。

PET LOVERS問題児な蛇を躾すべく仁摩と同居させることになるが
問題はよくならずむしろ仁摩の生活が悪化することに。
その頃PET LOVERSでは素行の良くない代議士の客によるトラブルも発生し
仁摩の頭を悩ませるのだが・・・

恋愛、よりも仕事に重きを置いている感のあるお話だったかも、
それはいいんだけど蛇にいまいちそこまで魅力は感じなかったかな
蛇は演技って言っちゃってるし。
いままではあまり演技ではなかったのに、
動物を演じてしまうと、なんかお仕事っぽいかなと。

挿絵ではそつない感じのワイルドなイケメンだったが
蛇っぽい人っていうと声優の谷山紀章がぴったりだとおもった!
実写の際にはぜひきーやんで!
きーやんがガチ攻めなお話だとおもうとまた違ってくるな。

まあ、シリーズラストということで、組織のことを描いた一冊ということで
それでよろしいんではないでしょーか。
しかしシュレディンガーの遺産よりもはるかに資産家の家にうまれた
超絶金持ち仁摩がこんなに身を挺して働いているなんてすごいな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。